仙台吹奏楽団の紹介

 仙台吹奏楽団は音楽・吹奏楽を愛好する社会人等が集まり、年2回の定期演奏会を中心に活動を行っている一般バンドです。

 仙吹は昭和43年(1968年)12月8日に「仙台バンドサークル(SBC)」として創立されました。翌昭和44年に初めて吹奏楽コンクールに出場し、昭和45年には第1回の定期演奏会を開催し、現在までにわたる活動のスタートを切りました。
 その後名称を現在の「仙台吹奏楽団」に改称し、平成5年までは年1回の定期演奏会「杜の都の音楽会」を開催し、平成6年からはポップスをプログラムの中心にした定期演奏会「杜の都のちょっとくだけた音楽会」を加え、年2回の定期演奏会を開催しています。

 定期演奏会においては、三度にわたり著名な作曲家・音楽指導者であるアルフレッド・リード博士を客演指揮者としてお招きし、豊かな音楽性に触れることができました。
 平成10年には創立30周年事業として委嘱作品「フェスティバル組曲」(作曲:後藤洋氏)の定期演奏会での発表(第30回)や作編曲家の真島俊夫氏、トランペット奏者の数原晋氏らを招いての演奏会(第31回)を行いました。

 これからも地域に根ざした活動を積極的に行い、多くの方に私たちの演奏を聴いていただき、元気や感動をいくらかでも伝えていきたいと考えています。
 そして仙台吹奏楽団は、まもなく創立50周年を迎えます。70年、100年先も発展的に活動を続けていきたい、というのが私たちの希望です。

仙台吹奏楽団 概要

■名称
 仙台吹奏楽団(せんだいすいそうがくだん)
 略称:仙吹(せんすい)
■代表者(団長)
 佐沢 浩和
■主な活動場所
 日立システムズホール仙台(仙台市青葉区)
■創立
 昭和43年12月8日
■楽団の目的
 音楽活動を通じ、広く社会の音楽文化向上に寄与する。
■楽団の活動
 練習日 毎週水曜、隔週日曜(変更の場合もあり)
 活動 年2回の定期演奏会、訪問演奏、吹奏楽コンクールへの出場、レクリエーション
■決定機関
 総会、役員会
■マークについて
 金管楽器のベルと、Sendai Suisou Gakudanの頭文字SSGをデザインしたものです。

ホームへ戻る