畠山 渉  HATAKEYAMA Wataru

畠山渉
宮城県気仙沼市出身。5歳よりピアノを始め、宮城教育大学芸術文化専攻に入学。3年次より指揮専攻として学ぶ。同大学卒業後、桐朋学園にて学ぶ。

2015年、シンガポールにて行われた国際指揮マスタークラスを受講。2016年、2017年、キュンストラーハウス・ボズヴィル(スイス)にて開かれたマスタークラスを受講、優秀受講生としてアルゴヴィア・フィルを指揮した。

現在、仙台吹奏楽団常任指揮者、福島大学吹奏楽団常任指揮者、吹奏楽応援サイト「Cheer Up!みやぎ」コーディネーター。

吹奏楽、オーケストラ、合唱、レコーディング、作編曲など幅広い音楽ジャンルにおいて活動を行っている。また、吹奏楽指導者としても積極的な活動を行い、高い評価を得ている。これまでに指揮を渡部勝彦、ダグラス・ボストックの各氏に師事。

ちなみに趣味は料理とワイン、そして「リアル脱出ゲーム」などの謎解きである。