【主催者】 仙台バプテスト幼稚園
【開催日】 平成12年7月15日
【場  所】 幼稚園礼拝堂・中庭(青葉区木町通)
【曲  目】 星条旗よ永遠なれ/おもちゃのマーチ/となりのトトロメドレー
/星に願いを
= コメント =         Saxかわな
今年から新たな試みとして、こちらから おじゃまして出張演奏会を行うための「訪問演奏実行委員会」なる物を、我こそはと熱い思いを内に秘めたメンバーが集まり、春から準備を進めてきました。
とは言え最初にも書きましたが、新たな・・・・ですから、レパートリー曲を確立させるのにも一苦労。
定期演奏会では、約70名からの大所帯で”どかーん”とやっているわけですから、30名程の編成でちょうど良い曲というのを改めて探してみると、だいぶいつもと勝手が違ってくるわけですネエ。
そんなこんなしている内に、やって来ました記念すべき第1回訪問演奏。
聞いてくれるお客様は、かわいい幼稚園児。
しかも「夏祭り」と、聞いただけでワクワクするイベントにおじゃますることになりました。
楽器運搬から会場でのリハーサルの間、雷がなるすさまじい雨に見舞われ、一時はどうなることかと心配しましたが、そこは普段のおこないの良い幼稚園の皆さんのおかげ、本番前にはちゃんと雨が上がりました。
さあ、いよいよ本番。  「ドレミの歌」でみんなをお迎えです。
予定では、演奏する私たちの前を通って、会場へ子供達が入って行くはずだったのですが・・・
立ち止まってしっかり聞いちゃったんです。その結果、私たちも繰り返し繰り返し、ドレミの歌を・・・・・・。
いきなりハプニングで始まった演奏会。
でも何度も繰り返した「ドレミの歌」ですが、演奏するメンバーの顔はやけに楽しそうだったのを私は知っています。
やはり、訪問演奏はいいですね。
ちょろちょろしているはずの子供達が、静かに聞いてくれて、知っている曲にはちゃんと歌ってくれて。
指揮者の前に回り込んできて、「このおじさんなにしているの?」とのぞき込む子。
それをハラハラしながら見守る園長先生。これぞライブです。
お客さんの様子を目の前で感じながら笑ったり、自分たちが間違えないようにと緊張したり、あっという間の30分でした。
初回と言うことで、未熟な点、研究するべき事、今後の課題と、反省は尽きないのですが、この日参加したメンバーが、訪問演奏への思いを確かめ、子供達の歌声から「元気」のおみやげを頂いて帰ってきました。(それからそれから、おいしいバーベキューやおにぎりまでごちそうになり、お父さん・お母さん・先生方、本当にありがとうございました。)
  
さあ、これからも、お呼びとあらばスケジュールの許す限り、皆さんのイベントにおじゃまいたしま〜すっ!!。