= コメント1 =         Tp たかはし
トラックフェスティバル当日の10月8日の天気予報は朝から雨で、「本番大丈夫だろうか」と前日から心配でした。
当日、朝は小雨がパラつく程度で安心しました。
午前中の演奏は一番始めということもあり、とても緊張しましたが、お客さんも楽しんでくれたみたいでよかったです♪

午後の二回目の演奏の時は、雨が強く、緊張よりも楽器が濡れたり、テントに溜まった雨水がいつ暴発するのかという心配のほうが割合的に多かったですが、楽しんで吹けたと思います。

演奏が終わる頃には雨がやんでいたので、終わった後は「何で今更晴れるのよ…」という気持ちのほうが強かったです(笑)
= コメント2 =      気象予報士@Sax
訪問演奏、特に屋外の演奏で私たちがまず気にすることは、やはり天気です。
直射日光、砂埃を巻き上げる風、そしてなによりも雨は、楽器にとって大敵です。
3連休の最終日の8日、それまで続いていた晴天にうってかわって、予報は雨、それも寒冷前線の通過に伴う強い雨と風が予想されていました。
朝方は雨が降ったものの、トラックの日のフェスティバルが始まると、主催者の心がけの良さが功を奏してか天気は回復し、まずまずのすべりだしで最初のステージを迎えることができました。
お客さんは家族連れが多く、こちらで用意したトトロや演歌、フュージョン、映画音楽というジャンルのバリエーションは、みなさんに満足していただけたのではないかと思っています。

セカンドステージは、やはり予定どおりの強い雨。テントの下で雨だれを気にしつつの演奏ながら、お客さんもテントの中でこんな悪い状況にも関わらず、最後まで惜しみない拍手とともに演奏を聴いてもらったことには、ただただ感謝です。
響きが約束されているホールの定期演奏会とは違って、外での演奏では、「いつもより大きい音で」を心がけていますが、うまく伝わったでしょうか。
雨の中聴いていただいたみなさん、11月18日の定期演奏会で、またお会いしましょう。
【主催者】 宮城県トラック協会
【開催日】 平成19年10月8日(月・祝)
【場  所】 宮城県運転免許センター駐車場
【曲  目】 20世紀FOXファンファーレ/オーメンズ・オブ・ラブ
となりのトトロメドレー/ジャパニーズ・グラフィティーX
パイレーツ・オブ・カリビアン/ペコリナイト